GOROVSKIの処分品
2021年11月19日 17:00 – 2021年11月28日 20:00
SAKURAMAG,
日本、〒106-0045 東京都港区麻布十番3丁目7−4 2F

2021 NEW EXHIBITION

 

GOROVSKIの処分品

「処分品には価値が宿る」過去にGOROVSKIが制作を諦め、時を経て再着手した

渾身のカスタムイノベーション。「一度完成したが納得がいかず世に出していない作品」

「制作途中、想像力が欠如し描かれ完成しなかった作品」を掘り起こし、白紙のキャンバスと見立て新しい作品を上書し「濃密な作品として完成」させた孤高の作品群を一挙公開。会場では個展作品「GOROVSKIの処分品」に加え、同氏の代表的シリーズ作品「Swarovski is GOROVSKI」の最新作を展示販売の他、作品一群を掲示するSAKURAMAG特設異空間スペースで上質な音と光が融合した有意義な時間をお楽しみいただけます。

gorovski 2021.png

MEET THE ARTIST

GOROVSKI

無知の知を「才」として生まれ、突発的衝動と共に美の形を表現する。

狂気に満ちた創作への欲望は、時に如何わしく芸術を嘲笑う。

万物に宿る「神」を信じ縦横無尽に描かく「その筆先には」

彼に​しか見合えない軌跡がある。

​GOROVSKI 2021
LIVE PERFORMANCE

 Guerrilla Art by GOROVSKI Will be held from

17:00 on November 19, 2021 

世界へ発信する新進気鋭のペインティング・アーティスト[GOROVSKI(ゴロフスキー)]

2021年初の大型個展「GOROVSKIの処分品」を開催

モダニズム・ポップ・アートを主軸に卓越された様々な手法で描くART WORKは、

抜群の都会的感性と人格の多重性を剥き出しにした唯一無二のパラレルワールドをお楽しみいただけます。

会場では同氏が描き上げた最新の絵画作品の数々を一同公開。期間当日はGOROVSKI本人が来場し、

PREMIUM作品となる「Swarovski is GOROVSKI」の最終仕上げをご覧いただけます

To play, press and hold the enter key. To stop, release the enter key.

press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
 

​PROMOTION

Harper's Bazaar is an American monthly women's fashion magazine. It was first published in New York City on November 2, 1867, as the weekly Harper's BazarSince its debut in 1867, as the U.S.'s first fashion magazine, its pages have been home to talent such as the founding editor, author and translator Mary Louise Booth, as well as numerous fashion editors, photographers, illustrators and writers.

ART WORK

気ままに・自由に・縦横無尽に生きる人間「蒲池悟郎=GOROVSKI」に宿る

狂気的で美しく「無形」且つジョークとユーモアを複合したグラフィテイペインティング。表現に手段を選ばないゲリラアートは「我がまま」で明らかに見定める

​自由自在な同氏の信念が込められている。

GROVSKI's life is freedom itself. His crazy and beautiful work is a mix of jokes andhumor.

It's not a graffiti, but a sudden beauty. For example, guerrilla art.

Every work has a strong belief in GOROVSKI.

 

TAKASHI AIDA FILM

DOCUMENTARY

「思うが侭に突き進み」天国と地獄を繰り返す漫画のような人生を歩み続ける

人間「蒲池悟郎」。生活の為にペンを取り、もがき・描き続けたその先には恍惚な道が開け転機の連続が訪れる。卑しさ・弱さ・狡猾さ全てを曝け出しありのままの自分を

表現することで映し出されるアーティスト「GOROVSKI」の半生。

"Kamaike goro" is living a life like a manga.
He is a special person who goes back and forth between heaven and hell.
He begins to paint for life. The road to a bright future that has arrived after suffering. His life is about to change. It is a documentary movie that depicts the half-life of GOROVSKI who lived freely as it is.

 

MOVIE DIRECTOR
 

TAKASHI AIDA

TV業界に革命を起こした電波少年をはじめバラエティを中心に多数の番組制作を担当。視聴率番組の全てに「相田アリ」と謳われる名ディレクターが撮り下ろす「GOROVSKI」の半生。繊細で美しく、本質を捉えたドキュメント映像は「唯一無二の映像美」と共に更なる高見を展開する。

Half-life of "GOROVSKI" taken by Japan's top editorial director "Takashi Aida". The  quiet and powerful visual beauty delicately reflects the human  "Goro Kamachi=GOROVSKI".